ニュースクリップ フリーランス保障と原油高とお薬の値段を安くしたい


フリーランス、社会保障受けやすく 先進国で権利保護

www.nikkei.com

タイトル通りのニュース。フリーランスに雇用保険を設けようとする国が多くなっている。という話し。

これからの時代、専門的な技能職を持つ人はますます自営の道を進むだろうし、日本もその体制については悪く思ってなくて、労働法で保護しようと動いてくれてるみたいだよ。というか、フリーランス用の保険って保険屋の商品であるよね。

原油危機、元売りは中東リスク覚悟 日本の依存率87

www.nikkei.com

これもそのまんま。ガソリン高くなるぞー。足りなくなるぞー的な話し。

日本が中東に対する原油依存率は世界でもトップクラス。で、今はイラン産原油は禁輸。ここで恨まれていると米イランの関係が修繕してもイランは取引に応じてくれない可能性もあったりする。

後は、あの海域の治安の問題で、航海や戦争保険代がバカ高くなっている。運輸するにも全速前進でガス代がバカ高くなった。という「あれ?原油を運ぶための原油が足りない...」という状況になっているようだね。

市販薬あるのに病院処方5000億円 医療費膨張の一因

www.nikkei.com

ブクマつきすぎてて笑った。

ええと、処方薬の保険負担もいいんだけど、高額の薬が必要な人に行き渡るようにしたいよね。という話し。

今は、湿布薬とか皮膚のお薬とか市販で販売されているお薬でも処方薬だと自己負担3割で買えて、これが保険費としては結構な重しになってきているみたい。そりゃ医者からしても儲かるし、患者さんも安くお薬買えるしハッピーだよね。

ところが、抗がん剤とかのお高い薬も一律自己負担3割とかになると、本当に必要な人に経済的な理由で行き渡らないのでは?という問題があって、そこに保険費支出の限界が合わさって高額のお薬を安く提供したくても出来ないというジレンマがあるみたい。

で、考え方だよ?念の為。こういう考え方もでてきているみたい。

「命に関わる薬以外は保険負担やめます。大事な高額のお薬は保険負担10割です。」

まあ、経済的にギリギリの人達でも保険費納めてお薬を買って治療を受けているのだから、難しい問題だよね。と思った話し。