Swift LINEログイン連携


LINEの開発者登録

LINE連携するには開発者登録が必要。以下からLINEアカウントで簡単に登録できる。

LINE Developers

ログインすると、まずはプロバイダーを登録してね。といわれるので、案内にしたがって登録する。

次に連携するアプリの登録を行う。登録したプロバイダーを選択して、新規チャンネルを選択。

f:id:letitride:20190802130536p:plain:h200


ダイアログが表示されるのでLINEログインを選択

f:id:letitride:20190802130632p:plain:h200


案内に従って入力を進める。アプリタイプはアプリで使う [NATIVE_APP]にチェックを入れておく。

f:id:letitride:20190802130825p:plain


登録したアプリのアプリ設定欄に移動し、iOS bundle IDiOS schemeの入力を行う。

bundleIDはXcodeから確認できる実際のアプリに設定されているbundle identifierを。iOS schemeはbundleIDに何かのprefixをつけたようなものでよい。

  • iOS bundle ID : com.example.app
  • iOS scheme : prefix.com.example.app

f:id:letitride:20190802131208p:plain:h200


Swiftコード上に埋め込むchannelIDは、チャンネル基本設定の欄から確認できる。

f:id:letitride:20190802131649p:plain:h200


LINE SDKの導入

プロジェクトを設定する に従って導入を進める。

podのインストール
$ pod init

生成されたPodfileを編集。LineSDKSwiftを追加。

pod 'LineSDKSwift', '~> 5.0'
$ pod install
LINE SDKのセットアップ

info.plistに以下の要素を追加

<key>CFBundleURLTypes</key>
<array>
    <dict>
        <key>CFBundleTypeRole</key>
        <string>Editor</string>
        <key>CFBundleURLSchemes</key>
        <array>
            <!-- LINEからアプリに戻る際に利用するURLスキーマを追加 -->
            <string>prefix.$(PRODUCT_BUNDLE_IDENTIFIER)</string>
        </array>
    </dict>
</array>
<key>LSApplicationQueriesSchemes</key>
<array>
    <!-- アプリからLINEを起動する際に利用するURLスキーマを追加 -->
    <string>lineauth2</string>
</array>

AppDelegage.swiftでSDKのセットアップを行う。

import LineSDK

didFinishLaunchingWithOptionsにセットアップメソッドを記述。"your channel id"は登録を行ったアプリのchannel idを記述する。

func application(_ application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [UIApplication.LaunchOptionsKey: Any]?) -> Bool {
    // Override point for customization after application launch.
    LoginManager.shared.setup(channelID: "your channel id", universalLinkURL: nil)
    return true
}

LINE認証からのアプリ起動の制御

func application(_ app: UIApplication, open url: URL, options: [UIApplication.OpenURLOptionsKey : Any] = [:]) -> Bool {
    return LoginManager.shared.application(app, open: url, options: options)
}

ViewControllerにログイン処理を記述する。

LoginManager.shared.loginでログイン処理を行う。結果はコールバックに渡されるので、適宜クロージャー等に渡せばよい。

import UIKit
import LineSDK

class LineViewController: UIViewController {
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
    }

    @IBAction func didTapLogin(_ sender: Any) {
        LoginManager.shared.login(permissions: [.profile], in: self) {
            result in
            switch result {
            case .success(let loginResult):    //(1)
                if let profile = loginResult.userProfile {
                    print("User ID: \(profile.userID)")
                    print("User Display Name: \(profile.displayName)")
                    if let statusMessage = profile.statusMessage{
                        print(self.statusMessage)
                    }
                    if let pictureURL = profile.pictureURL{
                        print(self.pictureURLString)
                    }
                }
                break
            case .failure(let error):
                print(error)
                break
            }
        }
    }
}
  1. 認証成功時の処理 loginResult.userProfileからユーザ情報にアクセスできる

サンプルコード

My-SwiftSample/MySwiftSample/line at master · letitride/My-SwiftSample · GitHub