Swift LINEアプリにメッセージを送信する


line://msgというschemaにメッセージを追記してオプーンすればよい。特にSDK等を入れる必要もない。

テキストメッセージを送信する

スキーマは/text 。その後ろに送信したい文字列を追記する。マルチバイトが入る場合、URLエンコードしておく。

let lineSchemeMessage: String! = "line://msg/text/"  // /textを指定
var scheme: String! = lineSchemeMessage + "あいうえお"
scheme = scheme.addingPercentEncoding(withAllowedCharacters: .urlQueryAllowed
UIApplication.shared.open(URL(string: scheme)!)
画像ファイルを送信する

UIPasteboardを使用する。UIPasteboard.nameを指定して送信する。

スキーマは/image 。その後ろに

let pastBoard: UIPasteboard = UIPasteboard.general
pastBoard.image = self.image // 送信したいUIImageオブジェクトを指定
let scheme: String = String(format: "line://msg/image/%@", pastBoard.name as CVarArg) // /imageを指定
UIApplication.shared.open(URL(string: scheme)!)