書籍: Go言語によるWebアプリケーション開発

2020年1月に購入し、途中ずっと積んでたんだけど、半年後ようやく再開し完走しました(^_^;) 以下のような"動く"アプリケーションをハンズオンで作成していきます。Webアプリケーション開発と名うってますが、CUIの作成もあります。 WebSocketを使用した双方…

線形回帰ウエイトの求め方メモ

メモ。 線形回帰のウエイトの求め方。 xは説明変数、yが実測値。Lは評価関数sum( (y[i]-(w * x[i])) ^2 ) 評価関数の式をウエイトWで微分した時に0となるウエイトWを求める。 これを式変形していくと最終的に以下の計算式になる。 c1 = 0; c2 = 0; for (i = …

リッジ回帰について

線形回帰では、実際の分布より学習した傾きが大きくなりオーバーフィッティング(過学習)で精度が出ない場合がある。 精度を出す場合、正則化(リッジ回帰、ロッソ回帰)を用いて精度の調整を行う。 計算方法 線形回帰のオーバーフィッティングは傾きが大きくな…

主成分分析と因子分析

メモ。 主成分分析 多次元からなる説明変数行列の次元の圧縮。 主成分に対しての説明変数のウエイトなんかもわかる。 主成分は総合的な評価。第2成分は主成分と直交する線。第2成分のあたりまで求めるのが一般的らしい。 重回帰分析に近いのかな。と思ったけ…

行列計算の復習

行列の足し算 行列の掛け算 行列どうしのかけ算は、「左の列数」と「右の行数」が等しくないとかけ算できない 計算結果の行列は左側の行数と右側の列数の行列となる 単位行列 単位行列はその対角成分に1が並び、他は全て0となる行列。 逆行列 ある行列と掛け…

統計データ 2変数の関連指標

2変数の相関は2つのデータの性質によって扱う指標を定める。 単相関係数 数量データと数量データの関連度合い。 偏差平方和 = sum( (x[i] - xの平均)^2 ) 単相関係数 = (x[i] - xの平均)(y[i] - yの平均)の積和 / srqt( xの偏差平方和 * yの偏差平方和 ) 相…

統計データ 正規分布とカイ2乗分布 

基準値 数量データは等間隔のデータだが、標準偏差によって、各間隔の価値のようなものを定めることができる。 例えば、距離mのデータ列では、散らばりの少ないものは、1mの基準(価値)は他とより区別できる値となり、散らばりの大きいものは1mの価値は影響を…