Playframework application.confに環境変数をbindする

環境ごとに異なる設定値をapplication.confに設けます。 OSの環境変数設定 ~/.bash_profileとかに、 export SECRET_KEY="****" と記述しておく。source ~/.bash_profileしておこう。 application.confの記述 環境変数は${?varName}で読み込めます。envvalの…

Scala Playframework S3にファイルアップロードを行う

2.x系のAWS SDK for JavaでScala + Playframework + S3アップロードを行ったのでメモしておきます。 AWS SDK for Java 2.x AWS SDK for Java 2.0 開発者ガイド - AWS SDK for Java バージョン 2 依存ライブラリの導入 僕の環境では40分ほどbuildに時間を要し…

AWS S3アクセスIAMユーザの作成とaws cliでのファイルアップロード

S3バケット 以下の作業は予めS3にYourBucketNameというbucketを作成しているものとする。 S3アクセス可能とするIAMユーザの作成 IAMユーザ作成後、インラインポリシーを作成。以下は指定のバケット(YourBuketName)に対するS3FullAccessのポリシーとなる。 { …

Playframework データアクセスするRepositoryクラスのDependencyInjection

PlayでAnornを使用していて、RepositoryクラスをDIした時のメモ。といってもAnormは関係ない。 Repositoryクラス 差し替え可能であること前提で抽象化するようtraitを用意しておく。 Trait trait ShopRepositoryTrait { def withBegin():ShopRepository def …

Vue.jsでJsonと画像をmultipartでPlayframeworkにPOSTする

WebAPIとして動作しているPlayframeworkにmultipartでJsonとファイルデータを送信します。 Vue側の実装 template axiosでPOSTするので、formにはmultipartをつけず、prevent指定でページロードしないように制御する。 <template> <form> <input type="text" v-model="shopMame"> <input @change="changeFile" type="file" name="upfile[]" multiple accept="image/*" /> </form></template>

Playframework 複雑なJsonデータをオブジェクトにmappingまたはForm bind、validateする

WebAPIとして動作しているPlayframeworkのJsonデータのパースについて。 Jsonデータは、 { "shopName":"Let it Ride", "position":{ "lat":35.66530148846749, "lng":139.41634567694945 }, "testArray":[1,2,3,4] } のように入れ子、または配列のデータを含…

Scala Akka Actorモデルについて

Akka Actorとは? Akka ActorはActorに対してメッセージを配信する仕組みを提供する。 messageの送信は非同期で送信され、透過的にキューイングされ、Actor側からはキューメッセージを取り出し同期的に処理を行う。 依存ライブラリ libraryDependencies ++= …