Android Viewのcorner radiusの定義


View自体のプロパティにradiusの設定はないので、shapeタグを使ってbackgroundに当て込みを行います。

shapeタグとは?

画像ファイルを使わずにマークアップでグラフィック表現が行える記述方式。

strokeでViewに枠線を入れたりpaddingでView内側の余白管理を行えます。

shapeファイルを作成する

/res/drawable/ に作成します。例ではradius=10dpとしています。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<shape xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android">
    <corners android:radius="10dp" />
</shape>

として、radius_style.xmlとして保存

Viewにradiusを適用する

android:background=に作成したリソースファイルを指定します。

<Button
    android:layout_width="wrap_content"
    android:layout_height="wrap_content"
    android:id="@+id/button"
    android:background="@drawable/radius_style" />