Android OSSライセンス画面をPluginで自動表示する


Androidアプリ開発自体、Apache License 2.0 のOSSを使用して開発を行う為、インクルージョン表記や帰属表記が必要。

こちらを使うと簡単に使用ライブラリがリスト化されたActivityを生成できます。 github.com

導入

Add the Gradle plugin

project/build.gradle

buildscript {
    repositories {
        google()
        jcenter()        
    }
    dependencies {
        // Add this line:
        classpath 'com.google.android.gms:oss-licenses-plugin:0.9.5'
    }
}

app/build.gradle

apply plugin: 'com.google.android.gms.oss-licenses-plugin'

dependencies {
    // ...
    // Add this line:
    implementation 'com.google.android.gms:play-services-oss-licenses:16.0.2'
}

build.gradle記述後、一度buildしておくとOssLicensesMenuActivityというActivityが自動で生成されます。

Activityへアクセスする

あとは、他のActivityと同様にstartActivityすればOSSの一覧が表示されます。

button.setOnClickListener{
    startActivity(Intent(this, OssLicensesMenuActivity::class.java))
}
f:id:letitride:20190619114342p:plain:h350f:id:letitride:20190619114352p:plain:h350