今度は別のアプリがまたGoogle Playから削除された


昨日のアプリ削除対応から束の間、またGoogle Playより別のアプリ削除のメールが届いた。

今度は虚偽の振る舞いに関するポリシーに違反していると判断されたため、Google Play での公開が停止され、削除されました。とのこと。

で、今回はアプリ停止という状態になっているらしくて、先日の違反より重いペナルティを課せられている... アカウント自体も良好なものじゃないかもしれないと書いている... ひええ。

自分としては、悪意があるつもりは全くないのですが...

で、今回は正直思い当たる節がなくて、ユーザの承諾なしにデバイスの機能にアクセスしたり、重要な情報をフィッシングするような機能ももちろんない。

警告のメールにはポリシー違反の詳細と例について、虚偽の振る舞いに関するポリシーを確認。アプリの機能が正しく伝わるようにタイトルや説明を変更とあったので、アプリのタイトルがまた適切ではなかった?ことなのか... それにしてはすごく重いペナルティのような気がするのだが。

警告は受け入れるし、意義申立てする気はないんだけど、意義申立フォームに「何が違反したか詳しい情報が欲しい」というリクエストがあったので、そちらをリクエストしてみた。

2日間ほどで返信があると書いてあるのだが果たして...